映画『桜田門外ノ変』主演(関鉄之介役)に大沢が正式決定!

2010年秋東映系にて公開予定の映画『桜田門外ノ変』(原作:吉村昭)
に大沢が関鉄之介役で出演することが正式に決定いたしました。
監督は、『男たちの大和/YAMATO』、『人間の証明』などの大作のメガホン
をとった佐藤純彌氏。また主要キャストには徳川斉昭役に北大路欣也氏、
井伊直弼役に伊武雅刀氏を起用。茨城県内に大がかりなオープンセットを
組んで2010年年明けとともに撮影が始まります。
どうぞご期待下さい!

■映画『桜田門外ノ変』概要

原作:『桜田門外ノ変』(吉村昭/新潮文庫)
  
企画: 岡田 裕 / 『蒼き狼-地果て海尽きるまで-』『お葬式』他
      若松 徹 / 『ハート・オブ・シー』『ロード88 出会い路、四国へ』他
     
監督: 佐藤純彌 / 『男たちの大和/YAMATO』『未完の対局』『人間の証明』他
脚本: 江良 至  / 『陰陽師』『陰陽師Ⅱ』他  

出演: 大沢たかお(関鉄之介:水戸藩北郡務方・桜田門外ノ変の現場指揮者)
         北大路欣也(徳川斉昭:水戸藩九代目藩主)
         伊武 雅刀(井伊直弼:彦根藩藩主・大老)

撮影:2010年1月~3月
公開:2010年秋 東映系にて全国公開予定

(内容)
万延元年(1860年)井伊直弼が暗殺された『桜田門外ノ変』は、
歴史上有名な事件ですが、その実働部隊の指揮官であった関鉄之介のことは
あまり知られていません。
この映画では、当時の幕藩体制と水戸藩の関係と、水戸藩の下級武士であった
鉄之介がなぜこの大事件に関わるようになったのか、事件から事件後の彼の
逃亡を描きながら、歴史の動きとその中で翻弄される個人、そしてその個人の
喜怒哀楽を通じて日本の歴史を再認識させるものとなることでしょう。